Blog Archives

体験してわかる決める基準

現在すんでいる老人ホームに申し込んだポイントとして、父の意向があったことももちろんですが、父がその場所に大変親近感を覚え、私達も父を任せて大丈夫だと見学をして実感できたので、申し込みました。
実際に様々な住まいの形態がありますが、ライフスタイルによって最良と思える有料老人ホームは大きく異なるのですが、最良の結果をもたらせるように、事前に様々な部分で気をつけておくことでずっと住み続けられる場所を見つけられる可能性があります。
もちろんその中の一つの選択肢は、今までお金でした。
年齢によって通常よりも安心して費用を支払えるものかどうかを確認しておくことが大切ですが、そればかりではなく、スタッフの人々の心の温かさや、スタッフの人が父を安心して介護をしているかどうかを確認しておけるのも重要なポイントといえます。
たとえば、漠然と見学するだけではなく、スタッフやロケーションのよさなどを確認し、料理などの質などについてもわかることで、父が喜び、住みたいと検討してくれる最良の方法だといえます。
信頼性の高い状況を確認しておくためには、情報収集が大切であり、インターネット画面を検討するなどだけではなく、資料用のパンフレッドや見学内などを適切に活用しておくことで、父の中にイメージが出来上がり、最良の結果をもたらせるようになったのだと思っています。
父にとって終の棲家を判断することで、今までよりもやさしくなった父に会えるのがとても嬉しいです。