Blog Archives

もっと知りたい

自分の親が高齢になってくるとやはり気になるのは、介護のことですね。
まわりから色々な人達の体験を聞いたりするうちに、高齢者施設について今まで自分がどれだけ勉強不足だったかを痛感します。
親しい友人の母親が入居した有料老人ホームは自分の住んでいる所からも近く、施設名も時々耳にしていました。
身近な人が利用するということで、にわかに興味がわき先日この施設のホームページを開いて見てみました。
それまで有料老人ホームと言えば入居する時にはマンションを買うくらいの入所料が必要で、毎月の管理費もそれなりに払わなければならないと思っていました。
また、医療や介護のケアもなされるので安心して入居者は生活できるという、最低限の知識しかなかったのです。
介護つきの有料老人ホームということで、確かにきめ細かいケアがあり、家庭内で介護する負担を思えば本当にありがたいサービスですね。
そして初めて知ったのですが、有料老人ホームにも種類があって介護スタッフが生活介助やレクレーション補助やリハビリ介助などすべて行ってくれるところが介護付きの施設なのですね。
null介護が不要な場合は健康型有料老人ホーム、介護は外部の居宅介護サービスを受けるという住宅型有料老人ホームと分類されているわけですね。
友人の母親は介護が必要で、24時間ケアをしてもらっているそうですが、週末には家族が訪れて一緒に食事をしたりホームでの数々のイベントには家族もそろって参加するなどとてもアットホームな雰囲気です。
家庭内で介護が困難になった場合には長期入居はもちろんですが、短期入居やデイケアなどニーズにあったサービスを受けることもできます。
また介護に関する支援相談員なども常駐していて、きめ細やかに対応してくれるそうです。
もし将来のために何か不安に感じていることや有料老人ホームに関して知りたいことがあれば、気軽に訪ねていけばいいんだと思いました。