有料老人ホームの一覧を解説

マンションタイプもありますし、ホールのようなタイプもあると話をしてきました。
マンションタイプに住みたいなと思って、マンションタイプを選ぶことも出来ます。
しかし、その前に見ておきたいことがあるんです。
その方々によって状況が違う。
という話をしましたね。
自分で生活をすることが出来るのか?
それとも常に誰かの手を借りないと生活が出来ないのか?
と、状況にあわせて調べる必要があるんです。
有料老人ホームには、大まかに分けて3種類あるので一覧を紹介をします。
1つ目は健康型有料老人ホームです。
どういうところか?
元気な方が入居をするところです。
基本的には誰の手もいらないということですね。
しかし、重たい荷物を持ったりですとか、高い所のものをとるには怖いですとか、高齢になってきたし時々は人の手を借りることもある。
という場合に入居をするところになります。
入るためには条件があるんです。
それは、自分自身で生活をすることが出来るということです。
介護のサービスはないので、介護を目的では入居は出来ません。
例えば掃除をしてもらったりですとか、1人では難しいなと思った時にサービスを受けることが出来ますよ。
食事に関してもサービスが受けられます。
お母さんが亡くなってしまって、お父さんが残ったが食事が心配だわ。
という際にも利用をする方がいらっしゃいますよ。
2つ目に住宅型の老人ホームについてです。
基本的には1つ目の健康型の老人ホームと同じです。
健康な方が入居をする所で、ちょっと人の手を借りたいと思った時に、掃除や食事などのサービスを受けられます。
介護についてですが、もし介護が必要なった時に受けることが出来るようになっています。
外部の介護を受けられる機関を紹介してもらって、そこから介護をしに来てくれるという仕組みになっています。
訪問介護のような形ですね。
とりあえずは不安がないけど、万が一の時にはお願い出来るという点があります。