おばあちゃんの住処

私のお婆ちゃんは、お祖父ちゃんと二人で、昔から住んでいたお屋敷に住んでました。
二人とも高齢になり、駅に近い新築マンションを買い新しい生活を始めて三ヶ月をすぎました。
時は過ぎて、お爺ちゃんは脳出血して亡くなって三年待ちました。
お婆ちゃんは生きる術をなくし、外出や人との交流もなくなり、引きこもりになり、認知症らしき症状が出始め、遠くに住んでる私の両親は、毎週サポートをしにいきましたが、お婆ちゃんは元気なならず、家族全員が暗闇の迷路を彷徨うような日々が一年以上つづきました。
介護保険のサービスを調べなんとか、利用できればとかんがえていましたが、サービスがたくさんあり、苦戦している時に、有料老人ホームの見学にみんなでいきました。
そこの有料老人ホームは看取りまて、サポートしてくださり、要介護になっても、医療、介護、美容、娯楽、食事、があり、料金はピンキリまでありますが、入居金がマンションくらいのところから、入居金が50万のところがありました。
その他に毎月10万から30万くらいかかります。
いろんな金額が違う有料老人ホームがあり、特別養護老人ホームに入りたくないから、安価を探す人もいれば、今までの暮らしを変えたくない方はそれなりの価格帯の有料を探すようです。null
また、有料老人ホームでも、介護保険申請していなくても入れる所、介護が必要になったお客様は退去になるケース、看取りまでしてくださるケースがあり、様々です。
お婆ちゃんは、優雅に一人で生きてきた故郷で余生を楽しみたい、私達も楽しませてあげたいと思い、
料金は高いのですが、マンションを売り払って、優雅な有料老人ホームに入居しました。
たまには、遊びに行くから、お仲間と仲良く余生をこな素敵な有料老人ホームで過ごしてくださいね。