みんなに優しい有料老人ホーム

今は核家族化が進み、昔のように、長男の嫁がご両親の面倒をみる、という風潮は薄れてきたような気がします。
逆に、ご本人が、家族に迷惑をかけるのは嫌だから、と、ご自分がしっかりされているうちに、自ら有料老人ホームの見学にいき、入所を決めるという事も多いようです。
nullなかなか、慣れ親しんだ我が家から離れるのは、ご老人になってからは大変な事だとも思いますが、でも、自分と同じ年代の方々と、一緒に生活できるという事は、足腰の不自由で、家に引きこもりがちになりがちなお年寄りには、色々と刺激が多く、変化にとんだ楽しい毎日を送れるようにも思えます。
また、病院と併設されている有料老人ホームも多いので、万一の場合に手遅れだった、という心配もなく、安心して生活できるというのも、ご本人にも、離れて生活されているご家族にとっても、ありがたい事だと思います。
なかなか、歳を重ねるという事は、気持ちだけではどうにもならない、身体の変化は誰にでも、起こるものです。
そんな時に、有料老人ホームで、介護のプロに見守られて生活できるという事は、ご本人にとっても、また、ご家族にとっても、精神的にも肉体的にも、無理なく、みなが助かるシステムだと思います。
気持ちだけでは、なかなか介護というものは、難しいものだと思うので・・・。
頼る所はプロに頼って、精神的な支え、ケアは、ご家族も支えとなって、また、ご老人も、自分の尊厳を保ちつつ生活できるという事は、みんなに優しい状態ではないのかなと思います。